品種紹介 紅王(べにおう)
f0132498_15321535.jpg
 紅王も田辺市の小梅です。紅王は薄いピンク色の花をつけるので、すぐに分かります。
 








品種特性
 樹勢は弱く枝梢の発生は荒い。
 開花は白王よりやや遅く、花弁が薄桃色。
 自家結実性が低く受粉中の混植が望ましい。
 果実は丸型で縫合線が深く、陽光面に紅がでやすく、5月下旬に成熟し5~6gになる。枝梢の赤みは少ない。


f0132498_15342840.jpg紅王の花


2月15日撮影
f0132498_15383459.jpg紅王の花
アップ画像


2月15日撮影
f0132498_15351140.jpg5月2日の実
f0132498_15352410.jpg5月27日の実

 白王・衣笠との見分け方は縫合線が深いこと。縫合線とはお尻の割れ目(ちょっと下品?)。
[PR]
by tanabe-ume | 2007-05-28 19:32 |
<< パープルクィーン到着 品種紹介 衣笠(きぬがさ) >>