人気ブログランキング |
南高梅の種にはケンがない!?
 今日、紀州梅干しファンの方から問い合わせがありました。

 南高梅を買ったがするどいケンがある。中国梅ではないか?とのこと。

 ん~。昔はそういっていたようですが、ウメ部(現 和歌山県農林水産総合技術センター 果樹試験場 うめ研究所)の調査によると、階級があがる(大きくなる)ほど、また熟すほど鋭いケンつき核(たね)の発生割合が高くなるということが分かっています。

 すなわち、ケンの有無で南高か否かを区別することは困難ということです。

 参考までに写真を

f0132498_16295815.jpg
 左が白粉梅(中国産)、右が南高。白粉梅がL、南高梅が3L

 見た目で白粉梅のほうが皮が硬そう。

f0132498_1633444.jpg
 左が白粉梅の種、右が南高梅の種。上の写真の種を取り出したものです。実の大きさがあれほど違うのに種の大きさはそう変わりません。

 白粉梅のケンの方が種の形状の違いにより、目立ってますが、南高梅の方にもしっかりあります。
 白粉梅の種のほうがいびつですが、全ての白粉梅の種がいびつなのかは知りません。
 ただひとついえるのは、南高梅の方がはるかに実が厚く種が小さいということです。
 
 とはいえ、中国梅は白粉梅だけではないですが。。。


【うめっち】
by tanabe-ume | 2007-12-20 17:07 |
<< わかやまNEWSウェーブ 古城... 梅花 >>