カテゴリ:各種体験( 12 )
衣笠中学校の梅ずきんちゃん
衣笠中学校では、産地ならではの梅の総合学習に取り組んでおり、
一年を通じて梅の学習から収穫、加工、天日干し体験など、梅について学んでいます。
f0132498_16515074.jpg

f0132498_1651612.jpg

▲先週行われた梅の天日干し作業

ほかにも、ユニークな地域学習に取り組んでいて、大注目016.gif
最近、衣笠中学校の生徒さんが考案した「梅ずきんちゃん」というキャラが、
とってもかわいいのでご紹介♪
f0132498_16532760.jpg

○プロフィール:
梅ずきんちゃん053.gif
誕生日は 6月6日
元気のない人に梅料理を差し出し、元気づける。カゴから梅を取り出し、その人に合った梅料理をつくってくれる。056.gif
f0132498_16543072.jpg

マグネットやシールも作り、梅や地元のPRなどに使用されるそうです。

今年6月からは、市内の洋菓子店で、生徒さんの粘土の作品を元に作られた「衣笠ポンチ」も販売されているそうですよ!
[PR]
by tanabe-ume | 2014-08-25 17:10 | 各種体験
オリジナル梅料理で、「我ら上芳養の梅、発信!!」
 田辺市上芳養中学校1年生26名は、11月24日(日)文化発表会で今年の総合学習として取り組んだ、オリジナル梅料理作りや梅農家での作業体験等を発表し、上芳養の梅を発信しました。上芳養は、田辺市北部の山間にある古くからの梅の主産地で、生徒たちは、特産の梅の良さを調べ、6月には梅農家での収穫と梅ジュース作りを体験し、9月からは梅のおいしさを発信しようと梅料理の体験・創作梅料理作りに取り組み、発表しました。
f0132498_16184631.jpg

 10月8日には、地元JA女性会のお母さん方にご協力いただき、梅料理を体験するとともに、班単位でオリジナル梅おにぎりコンテストを実施しました。
 各班のオリジナルおにぎりは、
 ◇1班 大葉・ひき肉と梅干
 ◇2班 栗と梅干、しらすと梅干
 ◇3班 ひき肉と梅干、チーズ・キュウリと梅干
 ◇4班 塩昆布・天かすと梅干、ちりめんじゃこと梅干
 ◇5班 うなぎのタレ・鶏肉・大葉と梅干で
 ※5班の鶏肉にうなぎのタレを絡ませた梅おにぎりの評価が高かった。

 10月30日には、班単位で創作梅料理作りを行いました。
 ◇1班 梅たこやき  ソースに梅干を混ぜる
     鶏肉の梅あえ  鶏から揚げに梅干入りソースをかける
 ◇2班 鶏から揚げ  梅干で下味をつけ、片栗粉で揚げる
     ご飯・みそ汁
 ◇3班 鶏から揚げ  鶏肉を梅酢で下味をつけ、片栗粉で揚げる
       サラダ  野菜、梅ドレッシング(梅酢、オリーブオイル、マヨネーズ)
 ◇4班 梅ハンバーガー(ハロウィンバーガー)
       ハンバーグの生地に梅肉味、パン、レタス、チーズ、トマト
 ◇5班 梅スパゲティ  スパゲティ、大根おろし、梅干、鶏肉、大葉、鶏肉
     ほうれん草のごま和え   ほうれん草、ごま、梅肉
f0132498_16275135.jpg
f0132498_1627292.jpg

f0132498_1628075.jpg

f0132498_16272446.jpg
f0132498_16344627.jpg

 梅干と合う食材としては、鶏肉や大葉がよくなじみ、これからも地元の田辺市・上芳養の梅や梅料理のおいしさを発信したいという報告でした。
f0132498_16183586.jpg


 生徒たちからは、「班単位で分担し団結して梅の料理ができた」「次の機会には、梅デザートを作ってみたい」等の声が聞かれました。
[PR]
by tanabe-ume | 2013-11-27 16:35 | 各種体験
アグリパートナー交流会で梅PR
11月19~20日、田辺市内で「アグリパートナー交流会」が開催されました。

この交流会は、結婚を考える農業青年と県外等から応募があった女性とが
田辺市内で観光・農業体験などを通じ、お互いの交流を深めるといった内容で、
毎年、男女それぞれ20人前後の参加があり、4~6組のカップルが誕生しています。

今回の参加はちょっと少なめの男性7名、女性7名の計14名。

 この交流会の機会に、梅PRの一環として、梅干しをプレゼントしたほか、交流会メニュー
に梅ジュース・梅サワーづくり体験を入れてもらい、多くのカップルが誕生するよう後押ししました!

梅は冷凍保存していたものを西牟婁4Hクラブ(会長 森田純平さん)と梅生産者 那須さんの
ご厚意で提供していただき、体験教室の講師もお願いしました。

体験は、男女のペアで実施してもらい、梅ジュースは冷凍南高梅(透明感のある果汁がでる梅)を
使用し、梅サワードリンクは冷凍ミスなでしこ(ピンクの果汁がでる梅)を使用。
梅の果汁が紅白になるような形で取り組み、多くのカップル誕生を願いました。

作った梅ジュースは約7~10日後、梅サワーは約1か月で完成です。
作成後はお土産として提供したほか、その場で「ほんまもんの梅ジュースと梅サワードリンク」を
味わってもらおうと、水割り/炭酸水割り/牛乳割り/お湯割りで楽しめるよう試飲も用意しました。
f0132498_10294484.jpg


この体験や試飲提供が功を奏したようで、それぞれのペアで会話が弾んだことは言うまでもありません(^^)

アグリパートナーの結果としては、梅ジュース&サワー体験の効果?もあってか、7組中2組の
カップルが成立しました!
[PR]
by tanabe-ume | 2011-11-29 10:25 | 各種体験
イオンチアーズクラブ 備長炭窯出し体験・みかん狩り
12月2日
 イオン西日本カンパニー阪和事業部チアーズクラブが7月の梅もぎ、天神崎清掃に続き、田辺に来ました。
 今回は174人が参加。
 まずは紀州備長炭記念公園へ。紀州備長炭発見館の見学、炭窯の見学、体験窯での窯出し体験を行いました。
f0132498_9572490.jpg
 体験窯の体験風景

 昼食をとった後、大坊(おおぼう)地区へみかん狩り。
 田辺市・JA紀南が自信をもってお奨めするみかん。まだ、有田みかんほど有名ではないからお買い得かも。
 みかん1kgお持ち帰り、園地では食べ放題!という内容だったので、皆さんにご満足していただけたと思います。
 1kg用の袋だと、だいたい10個ちょっとは入るんやけど、なかには大きいものばかり選んで5、6個しか詰めれなかった子もいました。大体のものはそうやけど、大きいのは大味やで!

 そこでおいしいみかんの選び方!!
 1つ はさみの切り口(ヘタ)が小さいものを選ぶべし
 2つ 濃いだいだい色のものを選ぶべし
 3つ 皮が薄くてしまった感触があるものを選ぶべし
 4つ 大玉よりやや小玉のものを選ぶべし
 5つ 油胞(皮の表面のツブツブ)が細かいものをを選ぶべし

 以上

 これは万人受けする甘いみかんの条件で、うめっちのようにすっぱいほうが好きな人向けではありません。うめっちは緑色のスッパ~い方が好きなのです。
 
 それでは画像をご覧ください
f0132498_1003321.jpg
 大坊地区のみかん山
f0132498_10181492.jpg
 なっとうな?(=どうですか?)  おいしそうでしょ?
f0132498_10184966.jpg
 
f0132498_10191250.jpg
 
f0132498_10192715.jpg


 みかん収穫体験は紀菜柑で随時実施しております。
 次回は12月8日。詳しくは紀菜柑のホームページで


【うめっち】
[PR]
by tanabe-ume | 2007-12-03 10:35 | 各種体験
長居小学校の修学旅行
 10月18日 
 大阪の長居小学校の6年生118名が修学旅行で田辺に来ました。
 長居小学校は闘鶏神社には行かず、直接紀州備長炭記念公園へ。

 紀州備長炭記念公園では4班に別れ、
  ①紀州備長炭発見館見学
  ②梅ジュース作り
  ③弁慶手形作り
  ④備長炭の窯だし
 を体験します。
f0132498_1016138.jpg
備長炭ラーメン

学校は弁当持参で公園内で昼食をとります。その間「茶房 備長の郷」で昼食をとります。

備長炭ラーメンセットを頼みました。
麺が黒いですが、イカスミではありません。
f0132498_1016149.jpg
セットで頼めばおにぎりもついてきます。小梅の梅干し。
f0132498_1017255.jpg
紀州備長炭発見缶で炭琴をたたく児童
f0132498_1017476.jpg
梅ジュース作り体験
f0132498_1018672.jpg
弁慶手形づくり体験
f0132498_10183574.jpg
備長炭の窯だし
f0132498_10185671.jpg
こちらは体験窯で、本当の窯より小さめに出来ています。
f0132498_10192732.jpg
備長炭に炭と砂を混ぜたものをかける作業

こうして備長炭を冷まします。

 長居小学校も白浜で宿泊。翌日はアドベンチャーワールドに行く予定です。


【うめっち】
[PR]
by tanabe-ume | 2007-10-22 10:41 | 各種体験
真田山小学校が梅ジュース作り体験
 大阪の真田山小学校の6年生118名が修学旅行で田辺に来ました。
 闘鶏神社で昼食をとった後、宮司さんの説明を受け、神社を散策。
 その後紀州備長炭記念公園へ。

 紀州備長炭記念公園では4班に別れ、
  ①紀州備長炭発見館見学
  ②梅ジュース作り
  ③弁慶手形作り
  ④炭窯見学
 を体験します。
 
f0132498_16231114.jpg 闘鶏神社

 1学期末に源平合戦を社会で習ったそうです。宮司さんから鶏合わせ(闘鶏)の話や弁慶の話などを聞きました。


f0132498_16263366.jpg 紀州備長炭発見館見学

 備長炭発祥の地で、備長炭のことを勉強しました。水曜日は定休日ですが特別に開けていただきました。


f0132498_16274570.jpg 梅ジュース作り

 南高梅で梅ジュースを作りました。熟した梅だったのでいい香りがしました。


f0132498_16275588.jpg 弁慶手形づくり
 
 備長炭の原料ウバメガシの木を輪切りにし裏面に弁慶の焼印をしてあります。それにペンで名前や絵を書きます。パンダの絵や花の絵、その他いろいろと工夫をして綺麗に仕上がっていました。
 小学生なので備長炭の名前はそれほど知られていませんでした。 


f0132498_1628738.jpg 炭窯見学

 備長炭の体験窯は予約が入っており使用出来ず、黒炭の体験になりました。
 マツボックリや竹で炭を作ってプレゼント。






 今日はこのまま白浜へ行き白浜で宿泊。翌日はアドベンチャーワールドに行くとのことです。
 パンダをみるのが楽しみなようでした。

【うめっち】
[PR]
by tanabe-ume | 2007-10-17 16:51 | 各種体験
衣笠中学校 梅の天日干し体験
 こんにちは、うめっちです。
 
 9月6日衣笠中学校の農業体験シリーズ最終回。生産農家での天日干し体験が行われましたあいにくの曇天でしたが、学生たちは涼しくて良かったかも。今日は快晴で蒸し暑いので。。。
 それから、参考までに6月25日に自分たちが漬けたものは8月22日に干しています。

f0132498_93989.jpg





 一軒目の農家では漬け樽から梅を木ザラに移し変えていました。
 テクニックが必要で、生徒たちがやってみると、梅がかさなったり、広がらなかったりと。。。
f0132498_935478.jpg






 二軒目の農家では木ザラの梅をひっつかないように広げながら、つぶれた梅を取り除いていました。
f0132498_94156.jpg






 三軒目の農家でも木ザラに梅を広げる作業をしていました。
f0132498_941015.jpg






 あいにくの天気でしたが、雨除けのカバーをとり、梅をひっくり返す作業をさせていただきました。
f0132498_941656.jpg 四軒目です。
 こちらの農家ではプラのセイロを使わず、ざるで梅をすくい並べていきます。
 やり方は各農家でマチマチです。
f0132498_942639.jpg 木ザラを並べます。太陽があたるように斜めに傾けて並べます。要するに南が低く北が高くなるように木ザラを置くのです。この時期田辺に来れば木ザラの向きで大体の方角が分かります。(立地条件により異なる場合もあります。)
f0132498_943837.jpg




 みんなが見守るなか梅を裏返しています。ひとつひとつ梅を裏返すのは困難なので、このような道具も。田辺市の農家で開発された道具です。
 この後、梅干しに災難が。。。。
f0132498_944797.jpg その後選別作業です。傷がないのはA級品、傷の大きさによりB級、C級と等級が下がっていきます。これがなかなか難しい。 
f0132498_945488.jpg 昼からは中田食品の本社工場見学です。


f0132498_9515.jpg  南高梅はオートメーション化された現代においても手で容器に詰められます。果皮が柔らかく破れやすいので1粒1粒手で入れているのです。
f0132498_951211.jpg 中田食品本社、本社工場遠景

 中田食品は梅干し業界最大手。
 1997年、天皇皇后両陛下が和歌山県に行幸啓された際に本社工場をご覧になられました。
[PR]
by tanabe-ume | 2007-09-07 10:50 | 各種体験
イオン チアーズクラブ来田
7月1日

 イオン西日本カンパニー阪和事業部チアーズクラブが田辺に来ました。
 寝屋川店、大日店、鶴見店、喜連瓜破店、堺北花田店、藤井寺店、金剛東店、貝塚店、日根野店、りんくう泉南店の10店舗より、子供、保護者、事務局計167名が天神崎を清掃。

※天神崎
 天神崎の磯は平らで広く、子供たちにとっても安全で確実に観察できる貴重な自然です。この岩礁につながる海岸林もまた、亜熱帯や暖地系の植物や昆虫が多く、その海岸林は、周囲一帯の岩礁の自然の維持にも大きな役割を持っています。
 また、日本のナショナル・トラスト運動の先駆けとして有名で、「天神崎の自然を大切にする会」は、昭和61年(1986)に財団法人となり、翌年には日本で初めての特定公益増進法人(自然環境保全法人)として認定されました。

f0132498_17323128.jpg市長挨拶

 今日は扇ヶ浜海水浴場の海開き。イベント終了後、こちらに駆けつけました。
f0132498_1065342.jpg 天神崎のシンボル:丸山と燈台を背に清掃するチアーズクラブ会員の方々


f0132498_17325952.jpg 田辺の特産品梅干しやかまぼこなどが入った弁当を食べました。
f0132498_17331266.jpg 6月に清掃したばかりですが、これだけのゴミが集まりました。
f0132498_17333657.jpg 天神崎で自然観察教室も実施

潮溜まりで生物を捕まえる様子

f0132498_17335689.jpg 天神崎の自然を大切にする会 玉井先生 

 先生の説明は子供にも大人にも好評でした。
f0132498_17341826.jpg その後秋津川地区で梅もぎ体験。
 本当は梅ジュースづくりもセットで体験していただきたかったのですが。。。。。。

f0132498_17343390.jpg 農作業といえども道具は使わないので小さいお子様でも安心です。
f0132498_17344113.jpg 最後に記念撮影

 好評のうちに終了。
 またのお越しをお待ちしております。
[PR]
by tanabe-ume | 2007-07-02 18:11 | 各種体験
梅酒づくり体験
6月30日

 今年10回目の梅酒作り体験です。
 園地で梅をもぎをした後、紀州備長炭記念公園で梅酒作り体験をしました。
 実は、風鈴作り(前の記事参照)終わった後、園地へ向かったのですが、ちょうど梅もぎが終了してバスへ乗り込むところでした。梅もぎの写真はないのですが、1kg収穫しております。

青梅       1kg
氷砂糖      1kg
ホワイトリカー 1.8L

竹串、キッチンペーパー

 
f0132498_1481420.jpgf0132498_14834100.jpg



















へたを竹串で取り除きます。              流水で洗います。


f0132498_1485920.jpgキッチンペーパーで水分をふき取ります。
f0132498_1497100.jpgf0132498_1491853.jpg



















梅、氷砂糖、梅、氷砂糖と順に入れていきます。  最後にホワイトリカーを注ぎいれ終了。

1ヶ月で飲めますが、置けばおくほどコクが出ます。飲み頃は1~2年です。
[PR]
by tanabe-ume | 2007-07-02 14:24 | 各種体験
漬け梅体験
6月30日

 今日、はじめての漬け梅体験ツアーがやってまいりました。しかもOLさんが来るとのこと。梅業界にとって若い世代は今後の消費にかかわるので、是非とも開拓したい世代です。
 というのは、梅は一般的に加工しなければ食べることができません。そこが、他の果実と違うところ。最近、家庭で漬物を漬けることがなくなり、同様に梅を漬ける家庭も少なくなりました。何もしなければ青梅の市場は確実に縮小します。そこでこういった体験メニューを提案し、梅の普及に尽力しているわけです。
 日本の味を継承するためにも、若い皆さん是非とも梅干しつくりにチャレンジしてくださいね。自分でつくった方が安心ですからね。
 というわけで、今回のブログは若い方中心に写真を掲載しています。
f0132498_11431549.jpg
 梅干し拾いの予定でしたが、木熟をもいでもらうことになりました。梅もぎ体験は1kgですが、漬け梅体験の場合2kg必要になります。

 服装はこんな感じで。
 紫外線対策さえしていれば、ほとんどの園地はネットを敷いているので、農作業をするような格好をしなくても大丈夫ですよ。
 ただ、多分いないと思いますが、ハイヒールは避けてくださいね。ネットに穴が開きますので。

f0132498_11432339.jpg
 道路側の木で梅をもぐ方が多いのですが、奥のほうにもいい実があります。
f0132498_11432935.jpg
                         園地で記念撮影

f0132498_11433667.jpg 紀州備長炭記念公園で漬け梅体験

 梅を水洗いし、水分を切っているところ。
 今回梅は2kgとったので塩は400g使います。














 この方、実は旅行会社のスタッフ。


f0132498_11434381.jpg

 ビニールで塩をまんべんなくまぶし、袋をゴムで止めて持ち帰ります。そして家で適当な容器に入れ、おもしをしてもらいます。樽とおもしぐらい用意できますが、重いのでもって帰るのに苦労するので自宅に帰ってから用意してもらいます。

 参加者のみなさん、おもしをするのを忘れないでくださいね。おもし売ってなかったら、水2リットルで2kgなので、ペットボトル、ビニール袋などでおもしにしてください。

f0132498_11435064.jpg
        梅ジュースを飲んでいるところ、ちょっとお邪魔して1枚お願いしました。

f0132498_11435718.jpg
 飲んでいるのはこちら、梅シラップ。公園内で販売しております。
 

f0132498_1144390.jpg

 昼食を市内でとったあと、再度公園に戻り、備長炭風鈴づくりも体験。この風鈴結構人気で品薄状態。

f0132498_1144990.jpg
                    真剣に糸の長さを調節する参加者
f0132498_11471648.jpg
                        出来上がりはこんな感じ


※生梅はたべられない?
 いいえ、熟したものは食べられます。
 この前熟した南高梅を生で食べましたが、味、食感とも「すもも」とそれほど変わりませんでした。しかし、渋みがしばらく口に残りました。特にお勧めできるものではありません。
 チャレンジされる方は、各自の責任において。。。。。。
[PR]
by tanabe-ume | 2007-07-02 13:42 | 各種体験