カテゴリ:梅( 45 )
雹(ひょう)の被害!!
3月27日(日)、田辺市やみなべ町などで、雹(ひょう)が降り、梅の実に傷がつく被害が出ました057.gif
県内では、およそ1000ヘクタール余りの梅園地で被害があったそうです。
田辺市内では、中芳養や上芳養、稲成町の一部地区で被害が確認されました。
農家さんやJA、行政等で被害状況を確認したところ、畑によってはほぼ全部の梅に傷がついているところもありました025.gif
f0132498_184790.jpg

f0132498_1841796.jpg


市長やJA紀南組合長も視察し、各機関、連携しながら今後の対応を検討していきます040.gif
f0132498_1842781.jpg

f0132498_1843444.jpg


f0132498_1862784.jpg


梅の実さん007.gif
 
by tanabe-ume | 2016-03-30 18:02 |
梅が満開です
紀州石神田辺梅林が、いよいよ満開を迎えています!
f0132498_17141858.jpg

f0132498_17143194.jpg

f0132498_17144070.jpg

写真は、2月24日に撮影しました。

梅の香りがただよう中、美しい梅の花をご堪能ください016.gif

2月28日には、イベントも行われていますよ010.gif

【ゆるキャラまつり】
たなべぇをはじめ、田辺市周辺のゆるキャラが勢揃い!
出演予定時間:①10:30 ②12:30 ③14:30
【梅ジュース作り体験】
手軽に作れるおいしい梅ドリンク!(容器・材料代込み500円)
【石神の焼きいも販売】
ホックホクの焼きいも、梅林で召し上がれ! (1つ200円)

ぜひお越しくださいませ056.gif058.gif
by tanabe-ume | 2016-02-26 17:17 |
ファミマで神島高校考案「めはりんと、おにぎらずんの出会い。」が買えます
なんとなんと!2月9日より、農林水産省主催「ご当地!絶品うまいもん甲子園」で準優勝(食料産業局長賞)したメニュー「めはりんと、おにぎらずんの出会い。」が、近畿圏のファミリーマート全店舗で販売されます016.gif (関西ブロック優勝の副賞だそうです。)

【めはりんと、おにぎらずんの出会い。】
f0132498_1874136.jpg

めはりんは、和歌山の特産品「めはり寿司」のことで、食べるときに目を見張るようにして食べることから、その名がつきました。おにぎらずんとは、今話題の「おにぎらず」のことで、サンドイッチのように具材を米で挟み、最後にのりで包んで切ったものです。
3種類のおにぎらず、すべてに梅を使っているところがポイントです060.gif

【発売記念イベント】

発売に際して、記念イベントを実施されるそうです001.gif
■日時  平成28年2月9日(火) 14:30~  
■場所  ファミリーマート田辺跡之浦店(田辺市神島高校近く)  
■ゲスト 吉本興業所属お笑い芸人Span!
 ※レシピを開発した3名の生徒さんも参加し、イベントが行われますよ053.gif

近畿圏にお住まいの皆さま、ぜひぜひ神島高校を応援してください040.gif
2月9日は、ファミマGO~!070.gif
 
by tanabe-ume | 2016-01-28 18:15 |
蕾(つぼみ)の調査
1月18日(月)、西牟婁地方果樹技術者協議会による「平成28年産梅着蕾(ちゃくらい)状況調査」が実施され、参加してきました001.gif
班に分かれ、田辺市、上富田町、白浜町、すさみ町の梅園(南高75園、古城31園、小梅19園、雑梅3園の計128園)で着蕾状況を調査しました034.gif
この調査では、1園で平均的な2本の基準樹を設け、各樹の調査枝2本の蕾の数、1年枝の節数、周辺の着雷状況を確認しました。
f0132498_11561167.jpg

調査の結果、平成28年の着雷数(基準樹における1年枝の100節あたりの平均着蕾数)は、南高55.5(平年59.4)、古城87.0(平年90.8)、小梅76.5(平年93.4)、雑梅79.7(平年61.5)でした。南高・古城は前年に比べてやや少なく、平年並みで、小梅は、前年・平年よりやや少なかったという結果になりました009.gif
開花時期については、現時点の花蕾の状況から判断すると、南高の開花初めは、2月初めごろと予想されるそうです056.gif(ちなみに田辺市三栖地区の開花始めは、昨年は2月15~16日、平年2月6~8日です。)
※作柄は、開花から果実肥大期の気象条件に左右されることが多いため、現時点での予測はできません。
f0132498_11563621.jpg

まだまだ寒いと思っていましたが、蕾はふっくら成長してきているようです056.gif
今年も、よい実をつけますように016.gif紀州石神田辺梅林は、2/6(土)~3/6(日)に開園します。
by tanabe-ume | 2016-01-19 11:58 |
新年
新年 あけましておぅめでとうございます!058.gif

さて、今年は申年です039.gif
昔から、申年に漬けた梅を食べると難が「去る」ため、病気や災害など悪いことが起こらないと言われています016.gif
皆様、今年も紀州梅を食べて元気に過ごしましょう!
f0132498_15131040.jpg

f0132498_15131923.jpg

▲元旦、梅の花が咲いていました。
今年は、暖冬の影響か、紀南地方のいろんな場所でもう梅の花が咲いているそうです。
by tanabe-ume | 2016-01-04 15:18 |
祝!梅システム 世界農業遺産(GIAHS) 認定!!
すでに報道されているとおり、12月15日(火)、イタリア・ローマの国連食糧農業機関(FAO)本部で開催された「GIAHS運営・科学合同委員会」において、
「みなべ・田辺の梅システム」が、世界農業遺産に認定されました! 016.gif
ばんざ~い!!024.gif038.gif

その日の様子を少しご紹介します053.gif

【ローマの様子】
f0132498_17503358.jpg

f0132498_1693576.jpg

   ▲認定証をいただきました038.gif

【地元 認定セレモニー】
また地元みなべ町でも、同日午後9時から、「みなべ・田辺の梅システム」世界農業遺産認定セレモニーが行われ、夜遅い時間にもかかわらず、150名もの方が出席してくれました001.gif

f0132498_1695517.jpg

   ▲これまでの経過説明
f0132498_16101268.jpg

   ▲現地からのテレビ電話による認定報告(まだかな~)
f0132498_16102671.jpg

   ▲現地からのテレビ電話による認定報告(電話がかかってきました!さて…)
f0132498_16104272.jpg

   ▲くす玉割り~003.gif
f0132498_16105329.jpg

   ▲梅干しを食べながら記念撮影
f0132498_1611592.jpg

   ▲その後のインタビュー中継

たくさんの方の想いが世界農業遺産認定につながりました(ToT) 本当にうれしいですね!016.gif
関わっていただいた全ての皆様、誠にありがとうございました012.gif
この認定を機に、この地域の活性化や持続的な農業モデルの発展につながる取組に、より一層取り組んでまいります040.gif
f0132498_16115293.jpg


 
by tanabe-ume | 2015-12-21 16:12 |
熱中症に注意
毎日毎日雨が続いていましたが057.gif、やっとここ数日は少し晴れ間が見えますね058.gif
しかし、この暑さで、熱中症が増えているそうです013.gif

紀州田辺うめ振興協議会では、熱中症・夏バテ予防に特産の梅干しを積極的に活用してもらおうと、田辺市消防救命講習会で啓発チラシ等を配布して勧めています。
f0132498_15341233.jpg

田辺市消防本部では、学校や事業所などを対象に救命講習を定期的に開催しており、特に夏場は熱中症予防についても指導が行われています。
f0132498_15342697.jpg

今年も、7~8月に開催される救命講習で、約1000人を対象に梅干しやレシピ、啓発チラシを配布し、夏場の熱中症対策を呼びかけています。
f0132498_15344084.jpg


【熱中症とは?】058.gif
日射病や熱射病の総称で、高温化での運動や労働のため、発汗機構や循環系に異常をきたして起こる病気です。体温上昇、発汗停止とともに虚脱、けいれん、精神錯乱、昏睡などを起こし、生命の危険を伴うこともあり、あなどってはならない病気といえます。

【予防のために】005.gif
①涼しい環境づくり
帽子をかぶる、日陰に入る、吸汗・速乾性の衣服を着る、冷房・扇風機の活用など。
②水分・塩分の補給
こまめな水分補給が大切です。
大量に汗をかいた時には、汗で失われた水分と塩分を補給するため、水だけでなく「水+梅干し」「スポーツ飲料」等を補給しましょう。「水+梅干し」は水分と塩分の補給だけでなく、クエン酸により疲労回復につながります。

【脱水症改善に用いる経口補水液とは?】063.gif
食塩・クエン酸ナトリウム・塩化カリウム・ブドウ糖で作られます。専門的に聞こえますが、食塩・クエン酸ナトリウム・塩化カリウムを含む梅干しで代用できます。

皆さんも、梅干しを積極的に食生活に取り入れて、暑い夏を元気に過ごしてください001.gif
 
by tanabe-ume | 2015-07-13 15:36 |
平成27年度2回目の梅着果調査
平成27年4月23日、梅の結実や生育の現地調査を行い、生産量を予測して販売・流通対策の情報とするとともに、栽培管理や技術対策を目的に実施している西牟婁地方果樹技術者協議会(西牟婁振興局農業振興課・JA紀南・和歌山南部農業共済組合・県農営農対策部)主催の梅着果状況調査に協力として田辺市・県うめ研究所が参加しました。
調査員34名が田辺市、上富田町、白浜町、すさみ町の梅園(南高76園・古城32園・小梅19園・雑梅3園の計130園)で着蕾調査を行った枝の着果数、果実肥大状況を調査しました。
f0132498_18473643.jpg
 
f0132498_1848772.jpg

収穫の時期が近づき梅の実が大きくなってきていました。003.gif
by tanabe-ume | 2015-04-27 18:37 |
梅としずく
本日は雨でした057.gif

テレビ局の取材を予定していましたが、天気が悪いので延期になりました057.gif

雨の中、取材場所の下見に同行すると、畑の梅の実がだいぶ大きくなってきていました。

しずくが梅を宝石のように見せてくれます。
f0132498_167207.jpg


雨はうっとうしいなぁ…と思いながらの外出でしたが、とてもきれいなものを見ることができました001.gif
f0132498_1674148.jpg


f0132498_1675049.jpg


新緑が美しい季節になりました016.gif

梅もすくすく成長中です058.gif
by tanabe-ume | 2015-04-20 16:13 |
「みなべ・田辺の梅システム」世界農業遺産認定を目指して
いよいよ早いところでは梅の花がほころび始めましたね012.gif

1月18日(日)、田辺市で、 “「みなべ・田辺の梅システム」の世界農業遺産認定を目指して”と題したシンポジウムを開催しました。
約350人の方にお越しいただき、下記の内容の講演と発表に耳を傾けました。

【講演】
 「みなべ・田辺地域の世界的価値について」
   仁坂 吉伸氏(和歌山県知事)
 「日本における世界農業遺産の意義」
   武内 和彦氏
   (国際連合大学上級副学長・農林水産省 世界農業遺産(GIAHS)専門家会議委員長)
 「みなべ・田辺の魅力と世界農業遺産の活用や推進について」
   大和田 順子氏
   ((社) ロハス・ビジネス・アライアンス共同代表・
    農林水産省 世界農業遺産(GIAHS)専門家会議委員)
f0132498_9541472.jpg

【発表】 「地元としての世界農業遺産にかける思い」
  ・司会 原 祐二氏(和歌山大学システム工学部 准教授)
  ・発表 石神忠夫氏(紀州田辺観梅協会 会長)
       松本 貢氏(みなべ川森林組合 参事)
       林 秀行氏(みなべ町うめ課 課長)
f0132498_9533146.jpg


皆さんは「世界農業遺産(GIAHS)」とはどういったものか ご存知ですか?001.gif

Q&A023.gif
■世界農業遺産とは?
世界農業遺産(GIAHS)とは、社会や環境に適応しながら何世代にもわたり発達し、形づくられてきた農業上の土地利用、伝統的な農業とそれに関わって育まれた文化、景観、生物多様性に富んだ、世界的に重要な地域を次世代へ継承することを目的に、国連食糧農業機関(FAO)が2002年(平成14年)から開始したプログラムです。

■「みなべ・田辺の梅システム」とは?
養分に乏しい礫質の斜面を活用して薪炭林を残しつつ梅林を配置し、高品質な梅を持続的に生産してきた農業システムです。
人々は、里山の斜面を梅林として利用し、その周辺に薪炭林を残すことで水源涵養や崩落防止等の機能をもたせ、薪炭林に住むニホンミツバチと梅との共生、長い梅栽培の歴史の中で培われた遺伝子資源など、地域の資源を有効に活用して、梅を中心とした農業を行い、生活を支えてきました。

■ユネスコ世界遺産(文化遺産)との違いは?
ユネスコ世界遺産(文化遺産)は、遺跡や歴史的建造物などの「不動産」を登録、保護するのに対し、世界農業遺産は、次世代に継承すべき伝統的な農業の「システム」を認定しその保全と持続的な利用を図るものです。

■農法などに制限がくわえられるの?
世界農業遺産には農法などの制限はありませんが、生物多様性を著しく減少させないことが重要です。環境保全型農業は世界の大きな流れで、消費者のニーズもあり、農産物には、世界農業遺産による大きな付加価値が期待されます。

「みなべ・田辺の梅システム」の世界農業遺産認定への取組の詳細については、「みなべ・田辺地域世界農業遺産推進協議会」事務局(みなべ町)のHP をご覧ください。
 
by tanabe-ume | 2015-01-22 09:55 |