<   2007年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧
わかやまNEWSウェーブ 古城梅の再放送
 5月にNHK和歌山放送局に取材していただいた「古城梅」
 わかやまNEWSウェーブ 年末ハイライトで再放送されます。

 5月に和歌山、6月に関西で放送されましたが、今回は和歌山のみ。前回見逃した方は是非ともご覧ください。


わかやまNEWSウェーブ 年末ハイライト
チャンネル :総合/デジタル総合
放送日 :2007年12月28日(金)
放送時間 :午後6:00~午後7:00(60分)

【うめっち】
[PR]
by tanabe-ume | 2007-12-27 15:15 | お知らせ
南高梅の種にはケンがない!?
 今日、紀州梅干しファンの方から問い合わせがありました。

 南高梅を買ったがするどいケンがある。中国梅ではないか?とのこと。

 ん~。昔はそういっていたようですが、ウメ部(現 和歌山県農林水産総合技術センター 果樹試験場 うめ研究所)の調査によると、階級があがる(大きくなる)ほど、また熟すほど鋭いケンつき核(たね)の発生割合が高くなるということが分かっています。

 すなわち、ケンの有無で南高か否かを区別することは困難ということです。

 参考までに写真を

f0132498_16295815.jpg
 左が白粉梅(中国産)、右が南高。白粉梅がL、南高梅が3L

 見た目で白粉梅のほうが皮が硬そう。

f0132498_1633444.jpg
 左が白粉梅の種、右が南高梅の種。上の写真の種を取り出したものです。実の大きさがあれほど違うのに種の大きさはそう変わりません。

 白粉梅のケンの方が種の形状の違いにより、目立ってますが、南高梅の方にもしっかりあります。
 白粉梅の種のほうがいびつですが、全ての白粉梅の種がいびつなのかは知りません。
 ただひとついえるのは、南高梅の方がはるかに実が厚く種が小さいということです。
 
 とはいえ、中国梅は白粉梅だけではないですが。。。


【うめっち】
[PR]
by tanabe-ume | 2007-12-20 17:07 |
梅花
 そうそう、忘れてた。
 参考までに今年(19年)の梅の花の写真をのせときます。

f0132498_8552835.jpg紀州田辺梅林
石神梅林ともいいます。

19.2.15




f0132498_8554198.jpg南高梅の花



【うめっち】
[PR]
by tanabe-ume | 2007-12-18 09:18 | 紀州田辺梅林
紀州田辺梅林の情報
 紀州田辺観梅協会のホームページが20年版に更新されました。
 今年の観梅期間は2月3日~3月2日。

 スケジュール、交通案内等は紀州田辺観梅協会のホームページ

お問合せ
 紀州田辺観梅協会
 事務局:田辺市 観光振興課内 TEL 0739-22-5300 (代)
 開花状況テレホンサービス  TEL 0739-37-0874

 ちなみに開花状況テレホンサービスに電話をしてみました。
 「お客様のおかけになった電話番号は、現在使われておりません。番号をお確かめになってもう一度おかけ直しください。」とのアナウンスが。。。。
 
 もう一度かけなおしても無駄です。まだつぼみもない状況なので。。。。


【うめっち】
[PR]
by tanabe-ume | 2007-12-17 15:18 | 紀州田辺梅林
紀州梅が届くまで 4
 さあ、いよいよ二次加工です。
 原料梅干しはJA紀南や加工業者により調味されます。

f0132498_9333990.jpg
 JA紀南の中芳養梅加工場

 JAがこれほどの加工場を持つのはめずらしいらしいのですが、JA紀南は和歌山県でも有数の梅干し加工業者でもあるのです。この中芳養のほかに万呂、上芳養、秋津川に加工場があります。

f0132498_9341998.jpg 農家から集められた梅は倉庫に山高く積み上げられます。最大で1,000tの原料梅干しが保存できます。



f0132498_9345054.jpg 農家から入荷時にJA紀南食品安全分析センターで残留農薬の検査を行います。

 ※JA紀南HP 安全安心へ

 これとは別に中芳養梅加工場の研究施設では塩分、酸度、水分、PH、菌の検査(品質検査)などが行われます。

f0132498_9352986.jpg月別・農家別に分けらた原料梅干し
f0132498_9355118.jpg塩分、酸度、PH等の検査

f0132498_936445.jpgカビ・病原菌の検査

 培地で培養して菌の有無を検査します。

 合格した原料梅干しはいよいよ二次加工へ


f0132498_9403359.jpg まず洗浄・選別を行います。農家で一旦選別しているのですが、ここでも選別を行います。
 洗浄は流水で行われます。洗浄機には細かい異物をとる柔らかいブラシがついています。


f0132498_9474446.jpg調味加工室

 洗浄した梅干しを塩抜きします。1槽(600kg)ごとに塩分・酸度を検査します。
 ここには139槽あり、135槽が調味用、4槽が脱塩用となっています。
 同敷地内にはもう一つ調味加工室があります。


 塩抜きした後、はちみつ味、うす塩味、しそ味などの調味液に漬け込みます。ここでも塩分・酸度・水分・PH・菌検査をし、異常がないことを確認します。

 漬け込み後3週間で4回目の品質チェック。塩分・酸度・水分・PH・菌検査に加え、目的の味・色になっているか検査を行います。これらの項目にすべて合格したら、梅干しの質に合わせて液きりを行います。

 パック詰めの前に5回目の品質チェック。塩分・酸度・水分・PH・菌検査を行います。また、商品別・取引先別にサンプルを抜き取り賞味期限がきれるまで保存します。

f0132498_9533570.jpg 検査が終了した梅干しを1粒1粒検品しながら手作業でパック詰めします。
 パック詰めの後、金属探知機・ウェイトチェッカーで検査を行います。


f0132498_9543111.jpg 最終検品を行い、箱詰め・梱包し出荷します。



f0132498_10105378.jpg 出荷された梅干しは、スーパーや百貨店の店頭、または産地直送により、消費者の方々の手に届きます。





【うめっち】
[PR]
by tanabe-ume | 2007-12-17 10:34 |
紀州梅が届くまで 3
 ながらくお待たせしました。紀州梅が届くまで第3弾です。

 前回は梅を漬けているところまででしたね。今回は一次加工。
 農家からは青梅のまま出荷するものと、梅干しにして出荷するものとあります。梅干しは塩で漬け、干して白干梅にしてからJAの加工部門や加工業者に出荷されます。この農家で白干梅にする工程を一次加工といいます。

f0132498_14857100.jpg 約20%の塩で1ヶ月ほど漬け込んだあと、7月下旬頃から天気が安定するのを待って3~4日干し上げます。この天日干しの作業は、夏の土用の頃から始まるので土用干しともいいます。


f0132498_1491565.jpg 土用干しする前の梅はまだ黄色いままです。土用干しして、おなじみの色になります。


f0132498_1492451.jpg 今年は晴れた日が多く、土用干しの作業も例年になくはかどりました。

 土用干しすることにより、細菌やカビの繁殖を抑えるとともに、水分を飛ばし、梅干しの長期保存が可能になります。また、皮が柔らかくなり、風味も増します。


f0132498_1493233.jpg 干しあがった梅干しは等級・階級別に選別し10kg単位でタルに入れます。この状態の梅を原料梅といいます。



f0132498_14121927.jpg この原料梅を9月頃から買い入れます。







次回はJA紀南中芳養梅加工場での二次加工をご紹介します。


【うめっち】
[PR]
by tanabe-ume | 2007-12-14 14:53 |
ホームページをリニューアルしました
紀州田辺うめ振興協議会のホームページをリニューアルしました。
ヴァージョン2.0.4です。・・・・なんじゃそりゃ?

アクセスカウンターを木熟南高梅にしてみましたがいかがでしょう?

紀州田辺うめ振興協議会のホームページはこちら

【うめっち】
[PR]
by tanabe-ume | 2007-12-14 10:38 | お知らせ
たなかじゅん氏のブログ
12月7日夕刻
たなか氏のブログでも“田辺情報誌完成”ということで取り扱っていただいています。
綺麗な画像も載っていますので、どうぞ。

たなか氏のブログ

【うめっち】
[PR]
by tanabe-ume | 2007-12-10 13:16 | お知らせ
ナッちゃんが田辺市をPR
 チーム@たなべ印(jirushi)で『田辺ブランド情報誌』なるものをつくりました。
 案内役はナッちゃん。ナッちゃんが田辺市の観光資源、特産品を紹介、案内するというものです。
 田辺出身の漫画家たなかじゅんさんと集英社のご協力により完成しました。
 
 詳細は紀伊民報記事で

 大都市圏で開催する田辺の物産フェアや観光の交流事業などの機会に、県外の人に配る予定。A4判12ページ、オールカラーで2000部製作とありますが。。。。。

 驚くなかれ!! 紀州田辺うめ振興協議会で2000部増刷!!!

 こちらは梅の加工講習会を中心に配る予定。欲しい方は田辺市、JA紀南の梅加工講習会にご参加ください。(品切れの際はご容赦ください)

 また、梅もぎのチラシもナッちゃんにご登場いただいてます。
 こちらは旅行会社を中心に配布する予定です。


 たなか氏の作業中の様子はこちら
  たなか氏のブログ1
  たなか氏のブログ2
  たなか氏のブログ3

【うめっち】
[PR]
by tanabe-ume | 2007-12-07 09:37 | お知らせ
イオンチアーズクラブ 備長炭窯出し体験・みかん狩り
12月2日
 イオン西日本カンパニー阪和事業部チアーズクラブが7月の梅もぎ、天神崎清掃に続き、田辺に来ました。
 今回は174人が参加。
 まずは紀州備長炭記念公園へ。紀州備長炭発見館の見学、炭窯の見学、体験窯での窯出し体験を行いました。
f0132498_9572490.jpg
 体験窯の体験風景

 昼食をとった後、大坊(おおぼう)地区へみかん狩り。
 田辺市・JA紀南が自信をもってお奨めするみかん。まだ、有田みかんほど有名ではないからお買い得かも。
 みかん1kgお持ち帰り、園地では食べ放題!という内容だったので、皆さんにご満足していただけたと思います。
 1kg用の袋だと、だいたい10個ちょっとは入るんやけど、なかには大きいものばかり選んで5、6個しか詰めれなかった子もいました。大体のものはそうやけど、大きいのは大味やで!

 そこでおいしいみかんの選び方!!
 1つ はさみの切り口(ヘタ)が小さいものを選ぶべし
 2つ 濃いだいだい色のものを選ぶべし
 3つ 皮が薄くてしまった感触があるものを選ぶべし
 4つ 大玉よりやや小玉のものを選ぶべし
 5つ 油胞(皮の表面のツブツブ)が細かいものをを選ぶべし

 以上

 これは万人受けする甘いみかんの条件で、うめっちのようにすっぱいほうが好きな人向けではありません。うめっちは緑色のスッパ~い方が好きなのです。
 
 それでは画像をご覧ください
f0132498_1003321.jpg
 大坊地区のみかん山
f0132498_10181492.jpg
 なっとうな?(=どうですか?)  おいしそうでしょ?
f0132498_10184966.jpg
 
f0132498_10191250.jpg
 
f0132498_10192715.jpg


 みかん収穫体験は紀菜柑で随時実施しております。
 次回は12月8日。詳しくは紀菜柑のホームページで


【うめっち】
[PR]
by tanabe-ume | 2007-12-03 10:35 | 各種体験