<   2008年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧
梅酒つくってみました。
さて、いよいよ梅のシーズンも終盤となりました。通常、梅とりは6月中旬で終盤を迎えるそうですが、今年は気温が低いせいか(といっても昼間は暑いですが…)一週間ほど時期が遅れているそうで、6/28(土)、29(日)が終盤だったのではなかろうかと。

今年は少しだけ長く「梅」が楽しめそうですね。

梅初心者は、初めて梅酒を漬けましたが、作り方は梅ジュースと似た要領です。
 写真の流れでつくりました。作ったのは6月上旬で、梅は梅酒に最も適しているといわれる「古城梅(ごじろうめ)」を使いました。しかし今、お店で買えるのは紀州の梅なら「南高梅」のみと思われるので、皆様は「南高梅」でチャレンジくださいませ。

お酒は基本的にはホワイトリカーだと思うのですが、日本酒・泡盛でチャレンジしました。

■日本酒で漬けたもの…古城梅1kg、氷砂糖650g、果実酒用日本酒(20度)1.1ℓ
 果実酒用日本酒の量はもっと少なめで良かったと思いますが、使いかけがあったため、少しあまらせても仕方ないと思い、残っているだけ入れました。
■泡盛で漬けたもの…古城梅1kg、氷砂糖1kg、泡盛(35度)900ml
 泡盛は香りが独特だったもので、少し氷砂糖を多めにしました。どんな味がするのか非常に楽しみです^^

■■手順■■
①容器を煮沸消毒するか、内側を35度のお酒で霧吹きする。

②梅のヘタをきれいに取ります。
f0132498_19435595.jpg



③梅をザルに入れて水洗いします。
f0132498_19441748.jpg


④梅の水気をペーパータオルなどで軽くふき取り、
 梅、氷砂糖の順番で容器へ。
f0132498_19444492.jpg

f0132498_19445234.jpg


⑤お酒を注ぎ完成。3ヵ月後に試飲予定!
f0132498_19445998.jpg


⑥その後……
 10日ほど経つと、氷砂糖もやや溶けて梅の色も黄緑色に変化し、実も少ししぼんできたような…。
f0132498_19451469.jpg


【梅初心者】
[PR]
by tanabe-ume | 2008-06-30 19:54 | 梅加工法(梅酒、梅干しなど)
父の日企画の応募締め切り迫る  
父の日企画 平成20年6月15日
 お父さん・ご主人に「私の作った梅ジュース・梅酒」を家族からプレゼント。
   
 プレゼントした時のエピソードを募集してます。  7月10日まで。
①心温まる家族のエピソードを書いて下さい。
 住所・氏名・年齢・〒番号・電話番号を記入して、下記まで
 はがき又は封書で郵送下さい。
 抽選で、30名の方に梅干し製品(調味梅干し・1kg)をプレゼントします。
 なおエピソードは紹介する場合がございます。(例:和歌山県のAさんのエ ピソード)エピソードの返却はいたしません。
当選発表は商品の発送をもって代えさせていただきます。
        締め切りは平成20年7月10日。
*郵送先 〒番号646-0032    和歌山県田辺市下屋敷町31-1   田辺市役所 梅振興室 
  ℡  0739-26-9959
[PR]
by tanabe-ume | 2008-06-27 12:59
今年の梅の講習会
5月中旬から6月下旬までの間で、梅の加工講習会やPRを約40会場で行い、約2400人の方に参加いただきました。講習会では、冷凍梅を使った梅ジュース作りや梅干しの漬け方を体験形式で受講いただき、また、手作りの梅ジュースや梅ジュース牛乳割りを試飲してもらい、大好評でした。特に冷凍梅を使った梅ジュース作りは失敗なく簡単にできることから、梅の加工入門編としてどんどんPRしていけそうな手ごたえを感じました。
まずは手軽に楽しんでもらい、徐々に梅干づくりにもチャレンジしていってもらえるような地味かもしれませんが根気のいる取組みを続けることが大切ですね。           
【梅初心者】

写真は講習会の模様(抜粋)です。
上から、6/6 千葉市中央卸売市場での講習会
    6/14神奈川県のスーパー店内での講習会
    6/18名古屋市の調理師学校での講習会
    6/24団塊世代を対象とした簡単梅干づくり・梅料理(梅パンなど)の講習
f0132498_194054100.jpg
f0132498_19411356.jpg
f0132498_1941305.jpg
f0132498_19414452.jpg
f0132498_19415439.jpg

[PR]
by tanabe-ume | 2008-06-26 19:48 | イベント・講習会等報告
梅ジュースを作りましょう
簡単梅ジュースの作り方!

梅1kg・白砂糖800g~1kg・ふたの出来る広口の容器
梅は黄色くてもOK・砂糖はお好みで氷砂糖・ザラメ・グラニュー糖など。  
梅を水洗いしてから、冷凍庫へ24時間入れて冷凍します。
冷凍梅と砂糖を容器に交互に入れて、ふたをしっかりして、室内で保管します。
毎日ときどきビンをゆすって砂糖を溶かします。
約1週間でジュースが出来上がります。
室温が高くなると発酵しますので、毎日観察して下さい。
ジュースだけペットボトルなどに入れて冷蔵庫で保管します。
長期保存する時は少し加熱殺菌するか、お酢を入れておきます。
残った実は、砂糖と水を入れて弱火で煮込みますとジャムになります。
ジュースはこんな感じで作ります。
f0132498_11454761.jpg

[PR]
by tanabe-ume | 2008-06-19 11:51
梅もぎツアー好評です!
本日も名古屋、大阪から観光バスでお越しいただき、田辺市上秋津の畑で梅もぎ
体験をしていただきました。
参加者からは、「なんと立派な梅やな~」「黄色い梅は果物みたいに香りがいいのね」
などの声が聞かれ、皆さん夢中で梅をもがれ、お帰りになりました^^

ちなみに梅の実は、黄色に熟したものが梅干しに良く、梅酒・ジュースは、青い実が
スッキリとしたキレのある味わい、黄色がフルーティーな味わいです。
最近、日差しもきつく夏を乗り切るには「梅」が超おおすすめ!ですよ。

梅初心者も梅酒を作ってみたので、また紹介したいと思います。
[PR]
by tanabe-ume | 2008-06-14 18:21
梅もぎツアー始まってます
f0132498_965558.jpg
本場紀州田辺の南高梅をほんまもんの梅畑で!

梅もぎ体験の御案内
5月31日(土)~7月6日(日)まで 
団体用・体験料金700円(1kgの梅を収穫)・10名様から。
個人用・体験料金1500円(2kgの梅を収穫)・2名様から。

その他梅ジュース作り・梅酒作り体験も行ってます。
申し込み・問い合わせ先 JA紀南 ファーマーズマーケット紀菜柑
梅体験係りまで 電話0739-81-0831 FAX0739-22-8524
[PR]
by tanabe-ume | 2008-06-13 09:07
梅の日報告 その3
6月6日 「紀州梅道中」京都賀茂神社へ梅を献上

 梅の日の由来となった賀茂神社へ、朝6時に紀州をバスで出発。     総勢55名 (内京都で行列参加の女子学生13名、同志社大と花園大生) 行列参列者は、献梅使・平安装束の女性・梅の担い手・雲水・武士・のぼり持ち他随行者。     
 午前10時30分から、下鴨神社で行列、青梅と梅干しを神殿に奉納。
 午後1時30分からは、上賀茂神社で梅を奉納。
 今回は京都の女子学生も平安衣装で参加、華やかさが一層増して、大勢の観覧者とマスコミ関係者で賑わった。
 五穀豊穣と人々の健康を祈願しました。
f0132498_1437552.jpg

f0132498_1439872.jpg

[PR]
by tanabe-ume | 2008-06-11 14:39
梅の日の報告 その2
○首相官邸で町村官房長官に梅を贈呈 6月6日午後2時

当日午後からは、紀州梅の会会長の真砂田辺市長と副会長紀南農協中家組合長、梅娘2人が首相官邸を表敬訪問。 総理は公務多忙で官房長官に面会。
官房長官は、贈呈した梅干を一粒食べられ、「甘みがあって大変おいしい、なぜ甘いのですか」と聞かれた。「梅酒は良く飲んでいます、梅の香りがいいですね」「梅酒の梅と梅干の梅は違うのですか」「6月6日がなぜ梅の日なんですか」などと聞かれた。真砂市長と中家組合長が梅の日の由来や現在は減塩の梅干が消費者に好まれていること、梅の漬け方や梅の種類など説明しながら和やかに歓談した。市長・組合長は「国会も大変多忙な時期、今年も官邸を訪問できて大変多忙な時にお会いしていただき梅を贈呈できて良かった。紀州の梅の良さと梅の日を知っていただけた」
贈呈した梅は、
◇青梅  紀州南高梅  紅(べに)南高(なんこう)  1カゴ  5kg
◇紀州梅干し・南高梅はちみつ漬け 塩分4% 1カゴ 100個
f0132498_1418436.jpg

[PR]
by tanabe-ume | 2008-06-11 14:18
梅の日の報告 その1
○東京都中央卸売市場・大田市場  6月6日午前6時~

 「今日は梅の日 和歌山の梅」フェアが、日本最大の市場・大田市場内で、6月6日午前6時から開催。今年で3年目、今年は産地から、和歌山県・仁坂知事も多忙な中かけつけ、紀州梅の会会長の真砂田辺市長と副会長の中家紀南農協組合長とともに、和歌山の梅の魅力をPRすべくトップセールスが行われた。会場では、和歌山の梅の展示、栄養士による梅漬けの講習会、梅干各種の試食、梅料理の紹介、梅ジュースの試飲などなど、卸売場の特設会場は梅づくしとなり数百人の参加者で熱気にあふれた。
  仁坂知事の挨拶の第一声は「和歌山の梅はすごいです」 知事は梅の消費宣伝で各地を訪れると「和歌山の梅は品質が良く、大きくて立派と大変評価が高い、梅は疲労回復に効果あり、体がすっきりします。小梅、古城、南高梅といろいろ種類もあります。消費者の方々に和歌山の梅をすすめてください」と卸売場に集まった市場と販売関係者に熱い訴え。
  真砂市長は、梅の日の由来を説明し「梅は日本の食文化の基本です。生産者、加工業者、JA、行政が一体となって梅の消費拡大に努めてまいります 」と挨拶。
 いよいよ南高梅の出荷ピークを迎える時期に、梅の消費宣伝をPR。
f0132498_1411638.jpg

[PR]
by tanabe-ume | 2008-06-11 14:16
梅の書入れ時がいよいよ。
今週末から来週末にかけて南高梅がピークを迎えるとのことで、
梅農家さん・農協さんは大忙しです。市役所梅振興室も各地で
開催される様々な式典や梅加工講習会で「紀州田辺の梅」をPR
してきます。

■6/6京都賀茂神社「献上紀州梅道中」のほかにも、下記の場所
で梅加工講習会・催事が行われます(6/6~6/8)。

東京大田市場、横須賀市さいかや百貨店、
多摩市・横浜市・茨城県牛久市・茨城県土浦市・埼玉県熊谷市・
千葉市・名古屋市・広島市・島根県益田市・北九州市のスーパーや市場

「梅初心者」は、東京大田市場と千葉市、多摩市でPRしてきます。
また様子など写真を交えてお伝えしたいと思います。

■5月29日から梅もぎツアーの受入れも始まっています
大阪市から約90人が田辺市秋津町の梅園地を訪れ、紀州南高梅の梅もぎ
を楽しみ、それぞれ袋いっぱいに梅をつめて帰られました。

◎参考に梅もぎ体験の申し込み先は…
京阪神の方は旅行会社などのバスツアーで参加できます。期間は7月6日(日)まで。
個人でお申込みの場合は、6月中旬から下旬までの期間。
問合せ・申し込みは、JA紀南ファーマーズマーケット紀菜柑 梅体験係 0739-81-0831
[PR]
by tanabe-ume | 2008-06-04 18:45 | イベント・講習会等報告