<   2010年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧
個性化品種!
これは、紀南でしか栽培されていない品種、パープルクイーン。
小梅ですが、紫色が鮮やか。
f0132498_17434398.jpg

パープルクイーンを大粒にしたようなパープルキング?
これも注目の新品種、名称未定。
どちらも、梅酒や梅サワーにするとワインのような紫色が鮮やか。
産地化が期待される個性化品種です。
f0132498_17492155.jpg

[PR]
by tanabe-ume | 2010-05-31 17:50
新品種に期待!
今週から南高梅の収穫が開始。
今年は数年ぶりの不作ですが、これは2月の
花の満開期に低温、曇天、風が強かったりで
ミツバチの受粉活動が不活発だったことが、
大きく影響してます。
そこで、現在、和歌山県で育成中の自家受粉の
新品種に期待がかかります。
26日は紀州うめ研究協議会の現地視察。
新品種は2種類、数カ所のウメ園で高接ぎの試験中ですが、
北向きで日当たりが少ない園地でも着果は良好。
画像はNK14、南高梅よりやや早い出来で小粒。
今年秋から農家で試験栽培が始まります。
f0132498_984587.jpg

[PR]
by tanabe-ume | 2010-05-28 09:09
小梅始まる!

今週から小梅の収穫が始まってます。
本格出荷は来週から、今年は昨年の7割程度の作柄予想。
主な品種は白王・紅王・衣笠、パープルクイーン
という新品種もあります。
関東などでは、小梅というとカリカリ梅になるようですが、
紀南地方の小梅は果肉が厚いので、カリカリ梅には
なりません。
小梅干し、梅酒に良いものが出来ます。
f0132498_1152819.jpg

[PR]
by tanabe-ume | 2010-05-15 11:54
連休明け!
5月連休から、ようやく良い天候が続いてます。
早いもので、今週末から小梅の収穫が始まります。
梅の生育は、熟度は早かった昨年と比べるとやや遅れ気味
ですが、まず平年並み。
今年は全般薄成り傾向ですので、実の肥大は良く、大粒の実が
多くなりそうです。
梅酒・ジュースには大粒の方が最適。
現在の南高梅の状態、南高は、先端の新梢が赤いのが特徴です。
f0132498_18245721.jpg

[PR]
by tanabe-ume | 2010-05-10 18:25
NHKBS放送生出演!
5月2日(日)NHKBSの番組に、梅娘が生出演。
渋谷でどーも2010「街道てくてく旅・熊野古道を行く 
まもなく出発」
5月10日から6月18日までNHKBSで放送される、
「街道てくてく旅・熊野古道を 行く」の番組宣伝。
梅娘が出演して、梅の日と田辺の梅を宣伝。
 出演者は、大阪代表が演歌歌手・大江裕、和歌山代表は
デューク更家、三重県代表はザブングル、和歌山の特産品
として、「紀州梅干し」を宣伝するため梅娘が出演、
梅干しが紹介され、梅の日の由来や梅娘の活動、
梅の効能や紀州梅干しの特徴などをインタビュー形式でPR。
 出演者全員で梅干しを試食。おいしい甘酸っぱいの感想。
 長距離を歩く番組ということで梅で疲労回復をPR。
 本番は、田辺からの中継放送は6月9日の予定。
大阪八軒浜から熊野本宮大社までの行程、歩くのは
元プロテニスプレーヤーの森上亜希子さん。

f0132498_1057334.jpg

[PR]
by tanabe-ume | 2010-05-06 10:57
梅講習会始まる!
今年も梅講習会が本格的に始まりました。
4月22日・23日、(財)ベターホーム協会の東京本部で
リーダー会員向けの梅講習会を開催。
3月大阪、4月東京、5月名古屋の教室で、約600人が
出席。
 内容は、紀州田辺の梅の特徴と良さについて、加工用途、
健康効能、簡単な梅料理、梅干しの作り方、梅酒の作り方、
梅ジュース作り方実演説明、試飲試食は梅ジュース・梅びしお。
参加者は全員女性、学習意欲も高く、レベルが高い。
 梅干しを漬けているのは50代以上、親から漬け方を習った
ことがある人、梅酒は多く大半の人が漬けている、梅ジュース
を作っている人もあり、冷凍法を知っている人もいました。
梅ジュース・うめびしおの試飲試食は好評。
今年は梅が不作と聞いているが品質や価格はどうかといった
質問も。
 梅に関心はあってもなかなか梅の本格的な話を聞く
機会が無かったので、梅を基礎から知ることが出来たという感想。
協会では、「梅しごと」の 冊子を作成、これを教材に、
一般対象の梅講習会は東京・大阪で6月・7月で約200名募集して
開催する予定。
f0132498_10482357.jpg

[PR]
by tanabe-ume | 2010-05-06 10:49