<   2011年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
青空市場・東京丸の内へ出展!
今週、28日(金)東京丸の内行幸マルシェへ出展。
時間は、午前11時~午後7時まで。
場所は、東京駅地下通路行幸ギャラリー通り。
   (東京都千代田区丸の内2-4-1)
*産地直送の紀州田辺の梅干し・梅製品を展示即売します。

○青空市場は、都会のど真中に、一般の人が、気軽に各地の
 生鮮品や、郷土食が食べて買える市場があったら。
 生産者と消費者の交流で、今までになかった市場が生まれるはず。
f0132498_17181768.jpg

by tanabe-ume | 2011-10-24 17:18
骨粗鬆症!
先週7日(金)は、JA紀南女性会田辺ブロックの班長研修会。
和歌山県立医大の梅博士宇都宮先生が「梅の効能・食品機能
性について」講演。
これまでの研究成果で、梅成分が食中毒菌や胃のピロリ菌、
胃潰瘍、インフルエンザウイルス、動脈硬化を抑制することや、
最新の研究では骨粗鬆症抑制について梅の効能効果を
研究中であることを発表。
続いて、大阪河崎リハビリテーション中村教授が講演「骨を鍛えて
健康美人」と題して、骨粗鬆症のメカニズムや肩こり体操など。
講演の後、希望者に骨密度を測定。
踵を器械に乗せるだけ、ほとんどの出席者が受診、高齢女性に
多いと言われる骨粗鬆症予防に梅が効く可能性があることで、
関心が高いようです。
(画像は受診する梅博士)
f0132498_9545199.jpg

by tanabe-ume | 2011-10-12 09:56
新梅干し京都奉納!
 紀州梅の会で秋の行事として、今年6月に収穫した南高梅で漬けた
「新梅干し」が出来上がったので、京都賀茂神社へ新梅干しを奉納。
10日(月)、紀州梅の会の委員の計6人が早朝、みなべ町を出発、
下鴨神社で午前11時から、午後1時から上賀茂神社で、
新梅干しの奉納の儀を行い、紀州梅干しの発展と人々の健康を祈願。
休日で参拝客も多く、この日は特に若い人が多く、PR用の梅干しを
配布したところ、もらえてうれしい、良い日に参拝できたと喜ばれた。
紀州梅の会のことや6月6日梅の日を憶えていてくれた人や、
9月の豪雨災害を心配してくれる人も多く、お見舞の声が多かった。
出迎えてくれた方々と懇談、「今年は来てくれるか心配していた、
有り難い」と感謝、梅を通して、京都と紀州の交流を深めた。
◇奉納した梅干し
両神社へ    今年産新梅干し  白干し梅2kg2箱
両神社へ    紀州梅干し50箱(250g箱入り) 
f0132498_13221172.jpg

by tanabe-ume | 2011-10-11 13:22
県知事現場へ!
9日(日)の夕方、和歌山県の仁坂知事が上芳養の大規模崩落の
現場を視察。
暗くなるまで、被害の実情について農家と懇談。
復旧の手法など検討中だが、農家はとりあえず来年の梅収穫が
あるので、道路の復旧を年明けまでに御願いしたいと要望。
知事は写真で見るより現場に来ると、崩壊規模や流出土量の多さ
を実感出来る。
今回は、園地の崩壊箇所数が圧倒的に多い、これは和歌山県の
梅栽培の特徴で、傾斜地でほとんどが栽培されている実情を
国などに訴えているところで、復旧しないと離農が進むことが
一番の心配で、がんばりますとの話でした。

f0132498_13135651.jpg

by tanabe-ume | 2011-10-11 13:14
梅ポリフェノール!
2日(日)は和歌山県立医大で、果実酒・果実飲料と健康に関する
研究会の第7回発表会。
和医大・近畿大学・和歌山県で、梅に含まれるポリフェノールの
機能性について研究が進んでます。
今回の発表会では、梅干しを漬けたときの梅酢からポリフェノールを
抽出、梅干しを漬けたときに約2割の梅酢が発生します。
梅果実中には約1%のポリフェノールが含まれ、果実では高濃度、
主成分はパラクマル酸。
完熟より青梅の方が多く含まれていて、クエン酸の有機酸と
ポリフェノールが結合。
ポリフェノールは動脈硬化を始め生活習慣病の予防、血圧降下・
高血糖・抗酸化活性・抗疲労・抗炎症・抗菌などの機能性が
期待されています。
講演では、食事制限が寿命延長・老化予防・脳機能維持に
有効という話も。
f0132498_16173536.jpg

by tanabe-ume | 2011-10-04 16:18