<   2011年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧
アントシアニン!
先週は、県工業技術センター・農産物加工研究所を訪問。
梅に含まれる色素、アントシアニンの分析で相談。
パープルクイーン、露茜、紅南高は、梅酒・ジュースに漬けたときに
きれいな赤い色に染まりますが、色素は共通のアントシアニン。
濃度は、パーフル0.095mg/100gFW、露茜0.038、紅南高0.033。
アントシアニン・ルティンは、ブルーベリーが有名で強い抗酸化があって、
生活習慣病予防の効果が期待されています。
但し、紫外線で退色しやすいので、何とかこの赤色を保持出来る技術
があれば。
香りとカロチノイドが多いのも特徴です。

f0132498_1112672.jpg

                  
[PR]
by tanabe-ume | 2011-11-29 11:12
アグリパートナー交流会で梅PR
11月19~20日、田辺市内で「アグリパートナー交流会」が開催されました。

この交流会は、結婚を考える農業青年と県外等から応募があった女性とが
田辺市内で観光・農業体験などを通じ、お互いの交流を深めるといった内容で、
毎年、男女それぞれ20人前後の参加があり、4~6組のカップルが誕生しています。

今回の参加はちょっと少なめの男性7名、女性7名の計14名。

 この交流会の機会に、梅PRの一環として、梅干しをプレゼントしたほか、交流会メニュー
に梅ジュース・梅サワーづくり体験を入れてもらい、多くのカップルが誕生するよう後押ししました!

梅は冷凍保存していたものを西牟婁4Hクラブ(会長 森田純平さん)と梅生産者 那須さんの
ご厚意で提供していただき、体験教室の講師もお願いしました。

体験は、男女のペアで実施してもらい、梅ジュースは冷凍南高梅(透明感のある果汁がでる梅)を
使用し、梅サワードリンクは冷凍ミスなでしこ(ピンクの果汁がでる梅)を使用。
梅の果汁が紅白になるような形で取り組み、多くのカップル誕生を願いました。

作った梅ジュースは約7~10日後、梅サワーは約1か月で完成です。
作成後はお土産として提供したほか、その場で「ほんまもんの梅ジュースと梅サワードリンク」を
味わってもらおうと、水割り/炭酸水割り/牛乳割り/お湯割りで楽しめるよう試飲も用意しました。
f0132498_10294484.jpg


この体験や試飲提供が功を奏したようで、それぞれのペアで会話が弾んだことは言うまでもありません(^^)

アグリパートナーの結果としては、梅ジュース&サワー体験の効果?もあってか、7組中2組の
カップルが成立しました!
[PR]
by tanabe-ume | 2011-11-29 10:25 | 各種体験
みかん大使!
先週19日(土)の「ココワカ。フェスティバルin東京」での開会式。
和歌山県知事の隣りは、タレント、ハリセンボンの二人。
去年から有田みかん大使に就任、みかんのPRに頑張ってます。
衣装は、つぼ装束、平安時代に熊野を参詣した時の衣装です。
まわりは、和歌山のゆるキャラ、うめっぴ・みかっぴ他多数出演、
子供と写メで和歌山の果物をPR。
f0132498_1104359.jpg

[PR]
by tanabe-ume | 2011-11-24 11:01
東京でPR!
先週末は、東京で紀州梅の会の宣伝PR!
◎「ココ・カラ。和歌山フェスティバルin東京」
田辺市とみなべ町で参加。
JR恵比寿駅前特設会場で、みかん狩り体験、県JA物産展(みかん
・花・柿・トマトなど)、ステージPRは、県知事とタレント・和歌山県出身
の音楽家・歌手が出演。
土曜日はあいにくの雨でしたが、日曜日は快晴、梅干しは大変好評。
f0132498_9264956.jpg


渋谷では、「機能性フォーラム・和歌山の農産物」が開催。
県知事の挨拶の後、プレゼンテーションで、
 和歌山県立医科大学 宇都宮准教授が「和歌山産果樹梅・みかん・
ももの機能性について・日の丸弁当パワー」と題して、梅健康効能研究
成果発表、食中毒菌抑制、動脈硬化予防、胃ピロリ菌抑制、日本一の梅の
日の丸弁当パワーで健康な暮らしをと熱弁。
他に料理研究家の貝谷郁子さんが和歌山産野菜の特徴と料理への利用を紹介。
報道関係や食通ブロガーが出席、食の機能性に関心が高く熱心にメモを
取る人も、県産農水産物を使った料理20品バイキング形式で試食。
f0132498_9334130.jpg

 
土曜日の夜は、「和歌山プレミアカフェ・青山」で梅講習。
首都圏のカフェ数カ所で今秋から県が開催、プレミア和歌山の県自慢の食材を
使った料理メニューや商品提供で和歌山をPRしてます。
この夜は台風のような風雨でしたが、女性中心の出席で盛況。
冷凍した紀州南高梅でジュースや梅酒が出来ることにびっくりの様子で、
梅の季節には是非作ってみたいという感想。
f0132498_9503310.jpg

[PR]
by tanabe-ume | 2011-11-22 09:51
「ココカラ。和歌山」フェスティバル東京へ出展!
明日19日と20日東京・JR恵比寿駅前で
「ココ・カラ。和歌山フェスティバルin東京」が開催、
紀州梅の会も出展します、是非お立ち寄り下さい。
 主催は、和歌山県農業協同組合連合会と和歌山県。
 場所は、東京・JR山手線恵比寿駅西口前特設会場。

①内容は、みかん狩り・花壇菜園展示・県農産物の即売・
      ステージイベントは、県知事とタレントが出演。
      時間は、午前11時~午後4時まで。
   紀州梅の会のブースで、特選梅干しを特価で即売。

②別会場の渋谷東武ホテルで、19日(土)お昼12時30分から
 「和歌山県農産物機能性フォーラム」の開催 
 和歌山県立医科大学 宇都宮准教授のプレゼン。
 「和歌山産果樹梅・みかんの機能性について・日の丸弁当パワー」

③19日(土)夜は、南青山の「青山アーキテクトカフェ」で、
 「和歌山プレミアカフェ」の開催、
 ミニ梅講習・梅ジュース作り体験は50名。 
 県自慢の食材を使った料理メニュー試食。
 午後6時30分から。
f0132498_1042884.jpg

[PR]
by tanabe-ume | 2011-11-18 10:06
早生みかん!
田辺はみかんも美味しいのです。
日照時間が長く、海に近い。
袋の薄いさっぱり感のある甘み。
11月後半からは早生みかんの収穫が本番に。
ここJA紀南の総合選果場では、大型ミカン選果機が連日稼働。
ミカンの選別は、まず果実をライン上に整列し、糖酸度センサーで
個々の糖度・酸度を測定、その後、カラーグレーザー(果実外観測定機)で
着色等の外観を撮影、等階級ごとに選別、秤量してダンボールに詰める。
選果は人の目でもチェック。
18条の選果ラインを備え、処理能力は日量(8時間稼働)約150㌧。
今シーズンは温州ミカンで約8千㌧の選果。
ブランドは「天」、これは他には無い美味しさ。
f0132498_160351.jpg

[PR]
by tanabe-ume | 2011-11-17 16:01
秋冷!
11月でも暖かい日が続いてましたが、ようやく冷えて来ました。
9月の豪雨で土砂が流入していた、世界遺産熊野本宮大社の
大斎原もきれいになってます。
紅葉シーズンで観光客も戻ってきているようです。
f0132498_9151929.jpg

秋から冬は梅の改植の時期です。
これは期待の新品種、NK14の梅苗木。
自家受粉で、南高梅より少し早い出来、
農家の梅園でも試験栽培の開始。
f0132498_933357.jpg

[PR]
by tanabe-ume | 2011-11-16 09:34
わかやま喜集館!
さて、こちらは有楽町駅前交通会館地下一階に
ある「わかやま喜集館」。
和歌山県のアンテナショップで観光案内も。
青空市場会場の東京駅から近いので
立ち寄ってみました。
県内の産品・名品を集めて販売、さすがに多いのは梅干しと
旬のみかん、水産加工品も。
近年、近隣に百貨店のオープンもあって、お客さんが
一段と増えている様子。
f0132498_1644389.jpg

[PR]
by tanabe-ume | 2011-11-01 16:44
東京丸の内行幸マルシェへ出展しました!
先週の金曜日28日に、東京駅地下通路行幸ギャラリー通りで、
開催された青空市場に出展。
紀州田辺うめ振興協議会で出展、梅干し・梅製品の販促PR。
田辺の豪雨災害を気遣ってくれたお客さんも。
東京は梅干しの味にも厳しい人が多いですね。
さて、この青空市場の実行委員長は、俳優の永島敏行さん。
当日は、なんと本人が来場して、朝の開場から夜の終了まで
マルシェへのお客さんの呼び込みと物産販売に奔走してました。
f0132498_16292428.jpg

[PR]
by tanabe-ume | 2011-11-01 16:30