<   2013年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧
大山ふるさと夏まつりで梅をPR!
 8月24日(土)・25日(日)、東京都板橋区ハッピーロード大山商店街主催の「大山ふるさと夏まつり2013」に、南紀みらい㈱、ゆるキャラ「たなべぇ」と一緒に参加しました♪
 本場紀州の梅干しや梅製品の販売、簡単梅ジュース作り体験などを行い、また、個包装1粒梅干しを配布し、「熱中対策に梅干しを」とPRしてきました。
 田辺のご当地B級グルメ「江川ちゃんぽん」「冷やしあめ」、「梅かき氷」「梅ジュース」「梅酒」の販売もあり、田辺の魅力や梅の魅力を東京でアピールしました。
 その他、全国から15自治体の出展があり、各地のおいしいもの物産市、ステージショーや盆踊り大会もあり、たくさんの人で賑わっていました!
 残暑まだまだ厳しいですが、皆さんも梅パワーで夏バテを乗り切ってください。

f0132498_13272675.jpg


f0132498_1318188.jpg


f0132498_13192195.jpg


f0132498_13183717.jpg

by tanabe-ume | 2013-08-30 13:28 | イベント・講習会等報告
炎天下で梅干しの真っ只中、梅干しを食べて夏バテを予防しよう☆
 立秋になったものの厳しい残暑が続き、熱中症が毎日のニュースになっていますが、和歌山県田辺市の梅農家は梅干しの真っ只中です!
 35℃を上回る炎天下の屋外で、畳大の杉板で作った木ザラにタンクから上げた漬け梅を並べ、梅を年中食べて体調を整えるための保存食の梅干し(ほし)が行われています。中小粒は3日程度、40㌘を超える大粒は4~5日暑い日差しで天日干しすることにより、水分が飛んで保存性が良くなるだけでなく、黄色い果肉や果皮が赤茶色にこんがり焼けて、鼻にとおる梅干しの香りが漂います。塩っぱい白干しの梅干しは保存食ですので、食べやすく減塩したり、味付けをして食べやすくし、店頭やご家庭にお届けすることになります。
 熱中症予防に梅干しで塩分摂取が良いのですが、梅のクエン酸による酸っぱさが、疲れを取り体調を整えると言われています。
 ご家庭で作ったしょっぱい梅干し(白干し)も、薄い塩水で約半日塩抜きをし、おにぎりにしたり、ご家庭オリジナルの出汁などで味を付けて食べ、夏バテにならないようにしましょう♪

f0132498_915423.jpg

f0132498_921534.jpg


梅振興室でも天日干しなう。↓
f0132498_951947.jpg

by tanabe-ume | 2013-08-13 09:10 |
梅ジュース・梅漬けのカビ、甘い梅干し作り、保管方法についてお問い合わせ
 7~8月は、6月に仕込んだ梅ジュースや梅漬け・梅干しを食べて暑さを乗り切るシーズン。梅の事なら何でもお答えする田辺市梅振興室には、いろいろなご質問のお電話をいただいています。
 よくあるご質問は次のようなもので、それぞれ対策をお答えして、解決いただいています。
 ① 梅シロップにカビが出ている。 
→ シロップの保管場所が高温になると、表面に酵母のカビが発生することがあります。シロップの液が濁っていなければ、カビを取り除いてシロップ液をひと煮立ちさせて加熱殺菌後、冷蔵庫等で保存してください。
 ② 梅漬け(塩漬け)にカビが発生している。
→ 梅漬けの表面は、空気に接しチリ等があれば、酵母のカビが発生することがよくあります。梅が漬かっている梅酢に濁り等がなければ、カビを取り除いて梅干しに加工していただいて大丈夫です。梅漬け時に、塩量を梅の15%以下にしていると、梅酢まで濁って変質する場合があります。
 ③ 甘い梅干しを作りたい。
→ 塩を梅の20%使った塩辛い梅干しは、梅を1年間食べるための保存のためです。塩辛い20%の梅干しを、薄い塩水で塩抜きを8時間すると約14%に、24時間塩抜きすると5~10%となり、その後ご家庭オリジナルのお出汁に漬けたり、炊き込みますと市販梅干しに近い美味しい梅干しができます。塩抜きや味付け後は、冷蔵庫で保管し早めにお召し上がりください。
 これらのQ&Aは、紀州田辺うめ振興協議会ホームページ「梅加工マニュアル」に掲載していますが、疑問に思われることがあれば、田辺市梅振興室(0739-26-9959)までお気軽にお電話ください。
f0132498_10181366.jpg

by tanabe-ume | 2013-08-07 10:19 | 各種お問い合わせ
今年は、全国60会場の梅加工講習会で、3342人にご参加いただきました
 今年は、梅シーズン前の4月14日からシーズン6月30日まで、全国各地へ梅の加工講習会に出向き、多くの皆様に日本の味である梅の加工をご体験いただきました。青梅が並ぶ売場や店頭、幼稚園から小学校・大学から料理教室まで、紀州田辺の栄養士(栄養サポート紀南)や梅PR担当が、梅ジュース、梅酒、梅干し作りを説明し、参加者にご体験いただき、ご家庭でおばあちゃん等から梅漬けを受け継ぐ機会が少なくなるなか、梅漬けから梅酒までいろいろなご質問がありご理解いただきました。
 今年の特徴は、青梅販売の売場横や店頭での開催は、多くの皆様に従来通りご参加いただき盛況でしたが、氷糖工業組合・子育て情報誌「あんふぁん」とコラボ企画として、東京・名古屋・西宮・福岡の幼稚園4ヵ所で年長の園児・保護者のご参加で梅シロップ作りを行いました。園児は、梅シロップ作りやオリジナルシール作り、美味しい梅ジュースの試飲やゆるキャラの「うめっぴ」とのふれあいで盛り上がりました。


f0132498_922412.jpg


f0132498_9223817.jpg


f0132498_92339.jpg


f0132498_9232433.jpg


f0132498_9233435.jpg
 
by tanabe-ume | 2013-08-06 09:26 | イベント・講習会等報告
いざ、土用干し(天日干し)☆
毎日暑いですねぇ~!!
今日も、梅の土用干しびよりです。皆さーん、干してますかー!?
紀南地方では、しばらく晴天が続く予報です。
おうちで梅を漬けられて、まだ干していない方は、今がチャンスです!!
この大チャンスに、ぜひ!梅干しになる最後の仕上げをしましょう♪

梅を取り出して、平たいザルなどに入れて、3~4日ほど太陽にあててあげてください。(梅酢は別に保管して、お料理などに使ってください。)
このとき、毎日1回、そーっと梅を裏返します。日中梅が温かいときは、ザルに梅がくっつき皮が破れやすくなるので、朝夕の梅が冷めたときに裏返してくださいね。
干し上がったら、梅を冷まし、つぼか密封ビンなどで保存して、できあがり♪

ひと仕事終えると、なんだかスッキリですね♪

暑いですけど、さあ レッツ 土用干し!ヽ(^o^)ノ゚

f0132498_13203890.jpg

          ▲浅めのかごで、日光浴。


f0132498_13202194.jpg

          ▲こんな干物用の網も便利です。
by tanabe-ume | 2013-08-01 13:23 | 梅加工法(梅酒、梅干しなど)