人気ブログランキング |
<   2013年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧
オリジナル梅料理で、「我ら上芳養の梅、発信!!」
 田辺市上芳養中学校1年生26名は、11月24日(日)文化発表会で今年の総合学習として取り組んだ、オリジナル梅料理作りや梅農家での作業体験等を発表し、上芳養の梅を発信しました。上芳養は、田辺市北部の山間にある古くからの梅の主産地で、生徒たちは、特産の梅の良さを調べ、6月には梅農家での収穫と梅ジュース作りを体験し、9月からは梅のおいしさを発信しようと梅料理の体験・創作梅料理作りに取り組み、発表しました。
f0132498_16184631.jpg

 10月8日には、地元JA女性会のお母さん方にご協力いただき、梅料理を体験するとともに、班単位でオリジナル梅おにぎりコンテストを実施しました。
 各班のオリジナルおにぎりは、
 ◇1班 大葉・ひき肉と梅干
 ◇2班 栗と梅干、しらすと梅干
 ◇3班 ひき肉と梅干、チーズ・キュウリと梅干
 ◇4班 塩昆布・天かすと梅干、ちりめんじゃこと梅干
 ◇5班 うなぎのタレ・鶏肉・大葉と梅干で
 ※5班の鶏肉にうなぎのタレを絡ませた梅おにぎりの評価が高かった。

 10月30日には、班単位で創作梅料理作りを行いました。
 ◇1班 梅たこやき  ソースに梅干を混ぜる
     鶏肉の梅あえ  鶏から揚げに梅干入りソースをかける
 ◇2班 鶏から揚げ  梅干で下味をつけ、片栗粉で揚げる
     ご飯・みそ汁
 ◇3班 鶏から揚げ  鶏肉を梅酢で下味をつけ、片栗粉で揚げる
       サラダ  野菜、梅ドレッシング(梅酢、オリーブオイル、マヨネーズ)
 ◇4班 梅ハンバーガー(ハロウィンバーガー)
       ハンバーグの生地に梅肉味、パン、レタス、チーズ、トマト
 ◇5班 梅スパゲティ  スパゲティ、大根おろし、梅干、鶏肉、大葉、鶏肉
     ほうれん草のごま和え   ほうれん草、ごま、梅肉
f0132498_16275135.jpg
f0132498_1627292.jpg

f0132498_1628075.jpg

f0132498_16272446.jpg
f0132498_16344627.jpg

 梅干と合う食材としては、鶏肉や大葉がよくなじみ、これからも地元の田辺市・上芳養の梅や梅料理のおいしさを発信したいという報告でした。
f0132498_16183586.jpg


 生徒たちからは、「班単位で分担し団結して梅の料理ができた」「次の機会には、梅デザートを作ってみたい」等の声が聞かれました。
by tanabe-ume | 2013-11-27 16:35 | 各種体験
梅干しを食べて健康に冬を過ごそう!


「梅はその日の難のがれ(朝に梅を食べれば、その日一日、災難から逃れることができる)」という
ことわざがあります。

先日、梅がインフルエンザ予防に効果があることの研究成果を紹介しましたが、梅には他にも
疲労回復をはじめとする様々な機能性が多く含まれていることが分かっています。
体にとって良い梅を食生活の中でもっと食べてもらいたい…。
ということで、先週、市内の学校の栄養士さんに梅のレシピPRをしてきました。

田辺市周辺の小・中学校の栄養士をされている方々の会議におじゃまして、梅干し1粒を万能調
味料として利用するレシピの紹介・試食会を行いました。
f0132498_10583630.jpg

梅干し1粒をそのまま食べ続けるのは困難ですが、ドレッシング・たれ・ソースといった調味料に
しておけば、料理に利用しやすく利用幅も広がります。また、梅干し1粒を炊き込みご飯にする
レシピなど、簡単料理法も試食紹介。

試食では、タルタルソース的な梅ディップ、梅みそ、梅と枝豆のごはんに人気が集まりました。
レシピの詳細はこちら「梅干しdeレシピ」
by tanabe-ume | 2013-11-20 11:02
インフルエンザ予防に梅が良い!
11月8日、梅干しを漬けた時にできる「梅酢」から抽出したポリフェノールにインフルエンザウイルス
の増殖抑制や消毒作用があるとの研究成果を発表しました。(田辺市長が会見)
f0132498_937662.jpg



 研究は平成24年度~25年度、和歌山信愛女子短期大学の小山一学長(ウイルス学)の研究
グループが、わかやま産業振興財団の医農連携コーディネーターで梅酢ポリフェノールの抽出に
成功した三谷隆彦さんの協力で行いました。(写真は信愛女短大 小山学長)
f0132498_9385193.jpg



 梅酢ポリフェノールは、梅の果実に0・1%の量が含まれいて、梅干しを漬けた時には、20%は
梅酢に出て、残り80%は梅干しに残るとのことです。
 研究で、梅酢ポリフェノールがA型インフルエンザウイルスの増殖を抑えることやウイルスを
不活性化させる作用(消毒作用)があること分かりました。また、ウイルスに対する有用な作用
がありながら、安全性は高いものであることも分かりました。
 今後は人への影響も研究し、商品化について検討されていきます。

 地元紙にも記事が掲載されましたので、ご覧いただけたらと思います。
 紀伊民報掲載記事
by tanabe-ume | 2013-11-13 09:39 | 紀州田辺うめ振興協議会