人気ブログランキング |
タグ:和歌山県 ( 8 ) タグの人気記事
祝!梅システム 世界農業遺産(GIAHS) 認定!!
すでに報道されているとおり、12月15日(火)、イタリア・ローマの国連食糧農業機関(FAO)本部で開催された「GIAHS運営・科学合同委員会」において、
「みなべ・田辺の梅システム」が、世界農業遺産に認定されました! 016.gif
ばんざ~い!!024.gif038.gif

その日の様子を少しご紹介します053.gif

【ローマの様子】
f0132498_17503358.jpg

f0132498_1693576.jpg

   ▲認定証をいただきました038.gif

【地元 認定セレモニー】
また地元みなべ町でも、同日午後9時から、「みなべ・田辺の梅システム」世界農業遺産認定セレモニーが行われ、夜遅い時間にもかかわらず、150名もの方が出席してくれました001.gif

f0132498_1695517.jpg

   ▲これまでの経過説明
f0132498_16101268.jpg

   ▲現地からのテレビ電話による認定報告(まだかな~)
f0132498_16102671.jpg

   ▲現地からのテレビ電話による認定報告(電話がかかってきました!さて…)
f0132498_16104272.jpg

   ▲くす玉割り~003.gif
f0132498_16105329.jpg

   ▲梅干しを食べながら記念撮影
f0132498_1611592.jpg

   ▲その後のインタビュー中継

たくさんの方の想いが世界農業遺産認定につながりました(ToT) 本当にうれしいですね!016.gif
関わっていただいた全ての皆様、誠にありがとうございました012.gif
この認定を機に、この地域の活性化や持続的な農業モデルの発展につながる取組に、より一層取り組んでまいります040.gif
f0132498_16115293.jpg


 
by tanabe-ume | 2015-12-21 16:12 |
渋谷表参道ウィメンズラン
3月22日(日)、東京 代々木公園で行われた「第5回渋谷・表参道Women’s Run」に、ランナー梅干し「ウメパワプラス」のPRに行ってきました。
今年は前日21日(土)にもプレイベント「Run&Beauty Début フェスタ」が行われ、ランニングクリニックやパークヨガ、バブルサッカー等にたくさんの女子の皆さんが集まり、両日賑わいました。
会場はカラフルなウェアのおしゃれな女性たちが大集合♪
約5,000人の女性ランナーが、渋谷、表参道、明治神宮を通る10kmのコースを駆け抜けました。
f0132498_1846191.jpg

今年はウメパワランナーも走りました070.gif
ゲストは、荒川静香さん!
ラジオとテレビの取材で、有森裕子さんや道端カレンさん、LiLiCoさん、 バービーさんも来られていたそうです016.gif
f0132498_18465077.jpg

走る前と後の疲労回復や塩分補給に梅干しが効果的だということで、「ウメパワプラス」のブースに、たくさんの方に来ていただきました。とちゅう試食や商品がなくなってしまったものもありましたが、たくさんの方にウメパワプラスを食べていただきました066.gif
f0132498_18471834.jpg

f0132498_18453335.jpg

和歌山県の国体キャラ きいちゃんも応援に駆けつけてくれましたよ053.gif
by tanabe-ume | 2015-03-30 18:50 | 紀州梅の会
東京・渋谷表参道ウィメンズラン
3月2日(日)、「第4回渋谷・表参道Women’sRun」で、ランナー梅干し「ウメパワプラス」をPRしてきました。
f0132498_1115279.jpg

女子向けの10kmマラソンということで、会場はカラフルなウェアを着た女性たちばかりで、かなり華やか~♪ 約5,000人の女性ランナーが、渋谷の街、表参道、明治神宮と普段は走ることのできない道を駆け抜けました。ゲストは、なんと長谷川理恵さん!
f0132498_11145356.jpg


マラソンの疲労回復には梅干しのクエン酸が効果的だということや、「ウメパワプラス」はランナーの意見を取り入れて種を抜き食べやすくした梅干しだということを説明しました。長い行列になったり、試食がなくなってしまった商品があったりしましたが、ブースを訪れてくれた方は、梅とランニングの相性の良さを感じてくれたのではないでしょうか。
ランニング時のクエン酸補給と塩分補給に、ぜひ梅干しをオススメします(^o^)
f0132498_11153535.jpg

f0132498_11202921.jpg

by tanabe-ume | 2014-03-05 11:35 | イベント・講習会等報告
スーパーマーケットトレードショー2014にこだわりの青梅・梅製品を出展
 こだわりの梅製品、梅素材を発信する紀州田辺うめ振興協議会は、2月12~14日東京ビッグサイトで開催のスーパーマーケットトレードショー2014に出展しました。

f0132498_13342883.jpg


 スーパーマーケットショーは、全国の産地、食品メーカー等が2700小間のブースを構える展示会で、3日間で6万人のスーパーマーケットや百貨店、通販の事業者や食品事業者が来場しました。
 
 うめ振興協では、JA紀南のこだわり青梅として赤い梅酒やジュースが楽しめるパープルクィーン、木熟南高梅、梅加工品ではこだわりの紀州梅干、スポーツ梅干、梅肉ペースト、梅酒の実、梅グミ等を出展しました。また、柑橘産地でもあるため、手搾りみかんジュース“のみよし”・清見・三宝柑ジュースを紹介・試飲いただきました。

 梅製品では、梅干、梅肉ペースト、梅酒の実、こだわりみかん手搾りジュース“のみよし”が特に好評で、お問い合せや評価をいただきました。

 展示会でお目にかかれなかった方も多いと思いますが、是非、お問い合せやご連絡をお待ち申し上げています。

f0132498_13343195.jpg

by tanabe-ume | 2014-02-28 13:34 | イベント・講習会等報告
果樹王国 和歌山
 果樹王国をWikipediaで調べると山形県と和歌山県が代表格とありますが、果たしてどうなのでしょう?
 ポケット農林水産統計2006の主要果樹収穫量で調べました。

 主要果樹18種(かんきつ類5種、りんご、なし、西洋なし、かき、びわ、もも、すもも、おおとう(さくらんぼ)、うめ、ぶどう、くり、パインアップル、キウイフルーツ)の収穫量上位5都道府県に、F1のポイントと同様にポイントをつけました。(1位:10p、2位:8p、3位:6p、4位:5p、5位:4p)

結果は
 1位:和歌山 80p みかん、はっさく、かき、うめが1位 5位以内10種
 2位:愛媛県 58p いよかん、キウイが1位 5位以内8種
 3位:長野  41p 5位以内6種
 4位:山形  40p 西洋なし、おおとうが1位 5位以内6種
 5位:山梨  30p もも、すもも、ぶどうが1位 5位以内3種(全て1位)
 6位:熊本  27p なつみかんが1位 5位以内4種
 7位:福島  25p 5位以内5種
 8位:青森  24p りんごが1位 5位以内3種
     広島  24p ネーブルが1位 5位以内3種
10位:静岡  21p 5位以内4種

となりました。

 なんと、主要果樹18種のうち5位以内に10種も入っているんですよ!!
 ポイント対象になる主要果樹には入っていませんが、じゃばらも当然1位!
 1位獲得数、果樹の多様性からみても果樹王国ナンバー1は和歌山県だと思いますが、いかがでしょう。 ( ̄^ ̄)V ブイ


【うめっち】
by tanabe-ume | 2007-09-26 10:09 | 田辺市・和歌山県
扇ヶ浜海水浴場
 こんにちはうめっちです。
 毎日毎日暑いですねー。
 今日は天日干しの取材をします。

 梅ではなく人間の。。。。

 まずは田辺市の扇ヶ浜海水浴場。
 ここは最近オープンした海水浴場で地元の人が多いです。
f0132498_22212530.jpg
 扇ヶ浜は昔は白砂青松の景勝地でしたが、田辺湾の海流の影響で年々白砂が流出し、わずかばかりの砂浜が残る貧相な浜になっていました。台風が来れば堤防を波しぶきが越えるような状態だったので、消波のための人工リーフを沖合いに築き、昔の白砂青松の景観を取り戻すべく養浜しました。駐車場も近くにありますし、それほど混んでませんので是非どうぞ。

f0132498_22331265.jpg
 一方、同じ日の白良浜(しららはま)。いうまでもなく南紀白浜の海水浴場です。ほとんどが他府県の人。う~ん、ケタが違う。

 今日は曇りがちでしたが、みなさんいい具合に干しあがったたようで。。。
by tanabe-ume | 2007-08-12 23:57 | 田辺市・和歌山県
紀南と南紀について
 南紀白浜など、県外の方は和歌山県南部を南紀と呼びますが、和歌山県民は紀南といいます。JA紀南、紀南病院、紀南文化会館、国土交通省紀南河川国道事務所など、主に紀南を使います。だいたい紀南=田辺市~新宮市(田辺市・新宮市・西牟婁・東牟婁郡)、中紀=有田市~みなべ町(有田市・御坊市・有田郡・日高郡)、紀北=海南市以北、紀ノ川筋というような感じかな。行政区分ではないので、個人により差があるかもしれません。ひょっとしたらみなべ町の人は紀南と思っているかも・・・
 南紀についてはネットで調べても諸説いろいろ。以下諸説書いてみます。
1、南海道紀伊国の略
2、三重県の一部も昔紀伊国であり、そこでも紀北、紀南というので、区別するために和歌山県の紀南地方を南紀という。
3、南近畿
 ウィキペディアでももめてますが、実際に南紀に住んでいる私にとっては南紀は紀南と同じです。 旅行会社でも大体が南紀=和歌山県南部(田辺以南)ととらえているようです。2が正解か?
 では、なぜ県外の方は紀南ではなく南紀なのか。私が初めて「南紀」を意識したのが78年、そうあのCMです。「南紀白浜ワールドサファリ(現アドベンチャーワールド)」。かなり大々的に宣伝してましたね。これで初めて南紀という言葉を耳にしました。この影響がおおきいのではないでしょうか。それともそれ以前から和歌山県南部を南紀と呼んでたのでしょうか?
 68年に開港した白浜町の空港が南紀白浜空港と南紀を冠していましたが(沿革をしらべました)、わざわざ南紀白浜空港なんてフルネームで呼びませんよね。空港で十分分かりますから。
 ちなみにgoogleで検索すると、紀南=64万件に対して南紀は238万件のヒットがありました。全国的には南紀なんですね。私のパソコンでも南紀は変換できても紀南は変換できませんし・・・公的な観光サイトでもイメージが良いからか、県外の方に合わせているのか、南紀を使ってますしね。
 ちなみに和歌山県民にとっては三重県に編入された地域が、紀南・紀北を使うのには違和感があります。というか三重県で紀南・紀北が使われていること自体知らない和歌山県民が多いでしょう。
by tanabe-ume | 2007-04-20 23:06 | 田辺市・和歌山県
和歌山の自慢
 「日本に京都があってよかった」というコピーを京都市が広報PRのために制作していますが、日本の食文化のうえでは、和歌山は京都に勝るとも劣らない貢献をしています。
 まず、日本の食生活に欠かせないのがしょうゆ。しょうゆ発祥の地は湯浅町です。また、だしにかかせない鰹節。これは諸説あるようですが、印南町の人が発明したのは間違いないようです。(印南町のHP、ヤマキのHP参照)
 沢わさび産出額日本一は静岡県ですが、そこで主力品種として広く栽培されている真妻わさびは同じく印南町が発祥の地です。
 京料理にしろ、たこやき、お好み焼きにしろ、近畿のお荷物「和歌山」がなければ成立し得なかったということです。よかったね「和歌山」があって。
 農作物では、梅はもちろん、柿、はっさくも日本一です。
 動物では、パンダの生息数日本一。日本に生息するパンダの7割以上が和歌山で確認されています。そこはいわずと知れた白浜町のアドベンチャーワールド。11頭中8頭がそこにいます。そこ以外でパンダを見ることができるのは、日本では上野動物園(1頭)、王子動物園(2頭)だけです。
 日本で最も多く存在する「鈴木」姓は和歌山県が発祥の地と言われています。鈴木姓のみなさん和歌山に税金を納めましょう!?
by tanabe-ume | 2007-03-15 22:39 | 田辺市・和歌山県